会員の方

パスワードをお忘れですか ?

会員ではない方

新規ご入会

現代医療、代替医療も含めた数ある健康法の中から患者目線に立った価値ある情報を発信します。

特定非営利活動法人 日本融合医療研究会

開講プログラム

解剖生理学からみた肩こり・腰痛

セミナー実施報告

「解剖生理学からみた肩こり・腰痛」
うえはら整骨院・u-balからだ塾代表 上原健志氏

肩こり・腰痛は多くの人が悩みですが、これほどの健康ブームの中でも、一向に悩みが減りません。
また、施設間の競争が激化する今、医療従事者やセラピストには「その場で効果が見える」ことだけでなく、知識豊富な患者さまに「メカニズムを説明する」ことも求められるのではないでしょうか。
こうした課題に対し、肩こり・腰痛のメカニズムを解剖生理学から理解しようというのが今回の講義です。

「筋肉」と「関節」、それぞれの基本構造と、損傷の起こるメカニズムを理解したあと、ワークで促通度を高めるトレーニングや、肩こり・腰痛を和らげる手技を参加者同士で行います。少人数の講義ということもあり、手のあて方、力の入れ方などを講師から直に聴くことができました。
肩こりや腰痛、座骨神経痛などを持つ参加者も多く、ワーク後は「楽になった」「肩の疲労感が取れた」、そして「早速施術に生かせる」といった声が多く聴かれました。
単に「効く」テクニックを試すのではなく、「なぜ効くのか」を頭に入れながらワークを行うことで、より理解が深まります。患者さまに手技を行う際も、理由やメカニズムを説明できることで説得力が高まりますし、効果の継続性や、手技の応用力にもつながっていくでしょう。確かな知識の大切さを実感した1日でした。

  

セミナー概要

多くの人が悩む肩こりや腰痛。マッサージなどの施術や、健康器具などもその場限りという声が多く、解決策がないのはなぜでしょうか。
今回の講師、柔道整復師、米国NSCA認定パーソナルトレーナーとして活躍し、研究を重ねてきた上原健志氏がたどり着いた結論は、「対策の前に理解」でした。どんなに優れた体操法や施術法を憶えるよりも、筋肉や関節の基礎知識を身につけることが、ケアの第一歩なのです。
勉強会では解剖生理学のわかりやすい解説とともに、効果的な手技を実技形式でご紹介します。
セラピストであれば、クライアントのさまざまな症状に合わせて応用の効くメソッドとなるでしょう。また、これから身体について勉強したい方、そして肩こり・腰痛に悩む方にとっても、重要な基礎知識になるはずです。

【日 時】 2013年9月8日(日) 10:30~16:30(開場10:00)
【会 場】 東海大学代々木キャンパス4407教室(地図

東海大学代々木キャンパスへの交通アクセス詳細
小田急線「代々木八幡」駅または「代々木上原」駅下車徒歩 10 分
京王井の頭線「駒場東大前」駅下車徒歩 10 分
地下鉄千代田線「代々木公園」駅下車徒歩 10 分
【定 員】 50名
※定員になり次第締め切らせて頂きます。
【プログラム】 午前の部 10時30分~12時30分
~昼食~
午後の部 14時~16時30分
※当日は一部ワークがございます。動きやすい服装でお越し下さい。

懇親会(希望者のみ)  17時~19時
【お申込締切】 2013年9月4日(水)

講師プロフィール

◆『肩こり・腰痛に学ぶ筋肉・関節の基礎知識と、誰にでもできる関節モビリゼーション』

これだけ医学が進歩している中、なぜ肩こり・腰痛人口は減らないのでしょうか?
良いとされる体操法やマッサージも、その場では楽になるものの、またすぐにつらくなるという繰り返し。
これらの研究を通して、一つの結論にたどり着きました。必要だったのは、いきなり『対策』なのではなく、まずは『理解』すると言うこと。
つまり、どんな優れた体操法や施術を受身的に覚えるよりも、筋肉や関節の基礎知識をまず身に着けることで、それらの症状から解放される道が開けると言うことです。
本講座では、身近な肩こりや腰痛などの症状を通して、人体を理解するうえで最低限必要な筋肉や関節の基礎的な解剖生理学を身わかりやすく解説します。
また、誰にでもできる効果的な手技を実技形式でご紹介します。
施術者のみならず、一般の方も知っておくべき内容となります。
これまでからだのことを勉強する機会が無かった方、知識を得たい方、からだに興味のある方。
たくさんの皆さんと勉強するのを楽しみにしております。

<主な内容>
●筋肉・関節の構造(筋と腱の違いは?関節包・靭帯とは?など) 
●肩こり・腰痛の病理
●即効性のある、明日から使える効果的手技(関節モビリゼーション・PNFを用いて)

解剖生理学からみた肩こり・腰痛
上原健志 氏
うえはら整骨院院長、セラピストのための解剖生理学塾『u-balからだ塾』代表。
都内複数の接骨院・整骨院・整形外科で勤務後、2006年にうえはら腰痛研究治療院として独立、その後東京都江東区に移転、うえはら整骨院をオープン。
<資格>
柔道整復師、米国NSCA認定パーソナルトレーナー、英国CIBTAC国際ライセンス(解剖生理学)、上海中医薬大学短期研修修了、介護支援専門員
<著書>
『肩こりがスッキリ治る本』(中経出版)出版
  • 現在、開講予定はありません